FC2ブログ

エルフ少女④

エルフ少女④です。
今回はこれで最後です。

次回は何にしましょうか。
版権物のやってみたいですね。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「んんんん、ん……んぅ……」

「んぅぅ、んんん……ん」

舌を絡み合わせながら、二人は相手を自分の所へと引き寄せる。
体が密着し合い、二人の胸がお互いを押しつぶそうとぶつかりあう。

「んん、ん!……んぅ!」

「う、ん!……んん、ん!」

二人はギリギリまで相手を引き寄せると、頭から手を離し、相手の胸を掴んだ。
そして自分の胸に押し付けるよう、お互いが引っ張り合う。
二人の間で胸と胸がぶつかり合い、乳首が尖り始める。

「ぷは!……んぁ、そんなに胸を擦り付けないでよ」

「ちゅぱっ!……何言ってるんのよ、擦り付けてるのはそっちでしょ」

キスを一旦中止し、息を荒くしながら二人は相手を罵る。
しかしお互い胸を擦り付けるのはやめず、むしろ速度を上げ始めた。
尖った乳首が相手の乳首をへし折ろうとぶつかり合う。

「んぅ、あんたちょっと感じ過ぎじゃないの?」

「貴方だって……ん、乳首がこんなに尖ってるわよ」

「んぁ……それは、あんたも同じでしょ」

だんだんと息苦しくなってきた二人はなんとか意識を保っていた。
そしてこのままではマズいと思い、二人は同時に行動に出た。

「ほら、あんたアソコが濡れてるわよ」

「貴方も……こんなにビショビショですよ」

同時に二人はお互いの秘所を弄り始めた。
スカートの部分の布をビリビリと破り、パンツを脱がし合いながら秘所を弄り続ける。

「んぁ!あ……ちょ、そんなに必死にならないでよ」

「必死なのは……んん!そっちでしょ、顔が赤いわよ」

「くぅ……あんたの方が、息が早いわよ」

密着し合いながらお互いの秘所を弄り続ける二人のエルフ。
胸を押し付け合い、脚を絡ませて二人はさらに密着した。

「はぁ!はぁ!……んぅ、あんた下手だね……んん!」

「あ!あ!……あ、貴方だって……手が震えてるわよ!……あん!」

二人の秘所を弄るスピードが徐々に上がり始める。
それと比例して二人の息が荒くなり始める。
段々と汗もかき始め、夜の星の光で流れた汗が輝く。

「あん!あん!あん!……あんた、顔が真っ赤じゃん!んぁぁ!!」

「そっち……んぁぁ!だって、もう限界じゃないの!?はぁ!はぁ!」

額を押し付け合いながら近距離で二人は言い争う。
しかしその口もポカンと開けられており、舌が相手のを求めるように伸びていた。
クリスタとレティアの視線がわずかにずれる。それは照れなのかは分からないが、二人の顔はますます赤くなった。

「はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!」

「んぁ!んぁ!んぁ!んぁ!」

あまりの気持ち良さのせいか二人は自然と腰を動かしていた。
さらに密着し合い、二人の舌が触れ合う。
それと同時に二人は舌を絡め合わせ、唇を押し付け合った。

「んん、ちゅぱ!……んぁ!ああん!もう、駄目ぇ……!!」

「ちゅぶ!ちゅぱ!……はぁ!んぁぁ、限界……!!」

二人は絡めていたし舌を離すと、ぎゅっと抱き合った。
腰を思い切り上げ、限界まで密着し合う。

「「んぁあああああああああああああ!!」」

そして二人は同時に逝った。
抱き合ったまま二人は息を整え、相手の肩に頭を乗せる。

「はぁ……はぁ……あんたの方が、先に逝った……」

「はぁ……はぁ……何逝ってるのよ、貴方の方が先よ……」

ようやく呼吸が整うと、二人はさっそく言い争う始めた。
二人は同時に逝ってしまったが、それをどうしても認めたくなく、相手が先だと議論した。しかし同時に逝った事を二人共知っている為、どうしても勝敗を決められなかった。

「ほら、あんたの愛液がこんなに出てるのよ。あんたのが先」

「それが先に逝った証拠にはならないでしょ。貴方のだってこんなに出てるわよ」

レティアは自分の指に付いた愛液をクリスタに見せた。
それを見て負けじとクリスタもレティアに自分の指に付いた愛液を見せた。

「うわ汚い。ほら、あんたのだらかあんたが綺麗にしてよ」

「そっちこそ、私の指を綺麗にしなさいよ」

二人は同時に相手の口に指を突っ込むと、無理矢理舐めさせた。
密着し合ったまま二人がお互いの指を舐め続ける。
なんとも不思議な光景だった。

「ちゅぱ、ぺろ……ん、んふ」

「ぺろぺろ……んぁ、んん」

指を動かしながら相手に自分の指を舐めさせる。
自分の愛液を自分で舐めるなんて、変な感覚だと二人は感じた。

(やだ……美味しい)

(なにこれ……甘い)

徐々に二人は自分の愛液を美味しいと感じ始めた。
それはエルフの体の構造が特別だからだが、当然二人はそんな事も知らず、ただ夢中で相手の指を舐め続けた。

「あんた、何そんなに夢中で指舐めてるの?美味しいの?」

「そっちこそ、さっきから舌でペロペロ舐めてるじゃない、子犬みたいよ」

罵り合いながらも二人は指を舐めるのを止めない。
そして完璧に舐め終えると、二人は相手の口から指を離した。
指は相液では濡れていないが、よだれでべっとりとなっていた。

「はぁ……はぁ……貴方、実は勝負の事忘れてるんじゃないの?」

「何言ってるのよ……そっちだって、もう感じまくりで勝負所じゃないんじゃないの?」

「いいえ、そんな事は無いわ」

「そう、じゃぁ決着付けよう」

そう言うとレティアはクリスタの脚に手を伸ばし、無理矢理開かせた。

「ちょっと、何するのよ」

「このやり方だけ、あたし知ってるのよ」

ニヤリと微笑むと、レティアは自分の脚も開き、クリスタに近づいた。
そして自分の秘所を相手の秘所に重ねると、乱暴に腰を振り始めた。

「ひぃ!?んぁ!……ちょ、何コレ!?」

「前に、旅人の人がこういう本を持ってたんだよね……ん!でも、予想以上に凄いや!」

秘所と秘所を擦り合わせながらレティアは説明する。
以前、エルフの集落に旅人が訪れた時、たまたまレティアは旅人が持って来ていた本を見たのだ。その時に書かれていたのが女同士のセックスだった。
だからレティアはこの知識だけあったのだ。

「ん!ん!あっ……あまり、調子に乗らないでよね!!」

「んぁ!あ!……ちょ、そんな動かないでよ!」

押され気味だったクリスタは瞬時に態勢を立て直し、レティアの肩を掴むと自分も腰を降り始めた。
秘所と秘所をぶつけ合い、二人の間で愛液が飛び交う。

「あん!あん!……ほら、キスはどうしたのお嬢様?」

「はぁ!はぁ……したいのは、貴方でしょ」

そう言いながらも二人は自然と顔を近づけ合わせ、唇を重ね合わせた。
舌と舌をぶつけ合いながら二人は互いのよだれを口内で交じ合わせる。
その間も二人は激しく腰を振って秘所をぶつけ合わせていた。

「んふ!んんん!ふぅん!んんん!!」

「ちゅぷ!んんん!んふ!んふ!!」

体をさらに密着させ合わせ、腰を振る。
段々二人の顔は真っ赤に染まって行き、涙目になっていった。

「ぷはっ!……ほら、限界でしょ、いい加減逝きよ!!」

「ちゅぱっ!……限界なのは貴方でしょ、我慢してない逝きなさいよ!」

「我慢してるのはそっちでしょ、はん!……早く逝っちゃえ!」

「んぁぁ!誰が、逝くもんですか……!!」

相手の首に手を回しながら二人は言い争う。
目からは涙がこぼれ、二人は限界ギリギリだった。
やがて、段々と腰を振るスピードが遅くなって来た。

「ああ、もう駄目……んぁぁあああああああ!!」

丁度雲に隠れていた月が出た時、片方のエルフが悲鳴を上げた。
ドサリと倒れ、秘所から愛液が飛び散る。

「はぁ……はぁ……」

片方が倒れたのを確認すると、勝者のエルフは肩で息を整えながら起き上がった。
そして横に落ちていた石を手に取ると、敗者のエルフの愛液と交合わせた。

「……私の、勝ちね。レティア」

紫に輝き始めた石を手に取ると、勝者のクリスタは倒れているレティアにそう言って服を着始めた。
帰り際、倒れているレティアの顔を見て、クリスタは胸が熱くなるのを感じた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

No title 

エルザVSエルザの続編か、フェアリーテイルのキャラVSワンピースのキャラとかの戦いが見てみたいです。

Re: 

続編か、多作品キャラ対決ですね。
了解しました。
何か良いアイデアが出たら更新します。

 

お疲れ様でした。今作品は続編がありそうですね。期待してます。さて次作品の要望ですが版権の異作品のヒロイン同士の巨乳逝かせ合いがいいですね。ワンピースのナミとフェアティルのエルザとか 次回作楽しみにしてます

Re: 

最後まで有り難う御座います。
やはり異作品対決ですか、分かりました。
何か良いのが何か考えてみます。

No title 

どうもはじめましてマキシです。
いつも隠れながらですが拝見させてもらっています。
異作品対決ですか・・・いいですね~
がんばってください応援してますので!

Re: 

感想有り難う御座います。
まだ良いのが出てきませんか、出来る限りベストを尽くします。
それまでしばしお待ちを。

トラックバック

http://hakukinn.blog.fc2.com/tb.php/21-9635496a