FC2ブログ

生徒会長と不良女番長~③ (終)



③になります。
これで完結です。……ああ、どうせならまとめて書けばよかった。わざわざ分ける必要もありませんでしたよね。 まぁしょうがない、と言うわけで「生徒会長と不良女番長」はこれで最後です。






息を荒くしながら相手の服を脱がす生徒会長と不良女。
やがて2人は上半身裸状態となり、大きな胸がプルンと出ていた。

「っは、不良にしては随分と大きな胸だな」

「お前こそ真面目っこちゃんにしては無駄にでかいな」

お互いに相手の胸を触りあい、先端を擦り合わせる。
そして胸を合わせながら2人は顔を近づかせ、キスをした。しかし、先ほどの唇を合わせるだけのキスでは無く、自分の舌と相手の舌を絡めたディープキスだった。

「んちゅ!むちゅ……ん、ちゅぱッ!」

「んむぅ!ちゅ……んぅ、ちゅぴ!」

お互いに相手の口の中に舌を潜入させ、熱いキスをする2人。
手を空いての頭に伸ばして自分に密着させ、2人はさらに絡み合った。

「ん、ちゅぱ……あん、こんな胸、デロデロにしてやるよ!」

「あ、ちゅぱ……お前の胸も原形を止めなくさせてやる!」

そう言ってお互いの胸を乱暴にもみ始める2人。
引っ張り上げたり押しつぶそうとしたりと2人は相手の胸をいじった。時々はあぅ、や、ひぃ、と言った悲鳴みたいな声が聞こえるが、その声もやがて聞こえなくなり、2人はお互いの胸を掴んで自分の胸に擦りつけ、先端を合わせてお互いを刺激し始めた。

「ハァ……ハァ……」

「ん、ハァ、ハァ……」

吐息を漏らしながら2人はやがて相手のズボンとスカートに手を伸ばした。
そのままパンツを脱ぎ捨て、2人は完璧に裸になり、相手の秘部を手でこすりはじめた。

「んぁ、あ!……意外に毛生えてるじゃん変態会長」

「お前こそ、んぁ!……随分と手入れしてないな?」

2人の手の動きは早くなり、やがて自分のお尻を相手に向けて相手のお尻の方へと顔を近づかせ、69の状態となった。息を漏らしながら相手の秘部に口を付け、舌でクチャクチャといじりはじめる。

「はぅ!んぁあ……くすぐったい」

「あん!やめッ……あぅぅ」

69の状態で相手の秘部をいじりあう2人。
時には指でいじったり、息をふきかけたりなどして相手を感じさせた。それでも2人は感じる事を相手にバレないように口を秘部にくっつけて無理やり口をとじた。

「ハァ……ハァ、何よあんた、凄い濡れてるじゃん」

「お前こそ、ベチャベチャだ」

お互いに相手の漏れた液を指でぬぐい、自分の口を入れてぺろぺろと舐めて見せた。そして2人はまたベッドの上で立ち上がり、お互いの手を掴んで自分から自分の秘部の所へ伸ばさせた。

「すぐに逝かせてやるよ、レイカ会長」

「貴様もな、マキ番長」

お互いに指を秘部に潜入させ、グチャグチャと動かす。
それだけで逝ってしまいそうになったが、2人はどうしても相手より先に逝きたくなく、顔を真っ赤にさせながら唇をかんで我慢した。その間にも2人の秘部からはグチャグチャと音が響く。

「っひ!あぁん!んぁぁ……ああん!」

「んぁん!あん!……ッああ!!」

お互いにもう限界になりながらも2人は相手の指を無理やり動かさせ、逝かせようとした。しかしいつまでたっても勝負は決まらず。やがて2人は同時に腰をビクンと震わせ、逝ってしまった。

「ハァ……ハァ……引き分けか」

「まだ、ハァ……終わりじゃないだろう?」

「クス、当然……」

「今度こそ逝かせてやるよ」

ベッドの上で倒れていた2人はそう言って起き上がり、体力も回復していないのに第2ラウンドを開始し始めた。
お互いに脚を広げあい、秘部をさらしどんどん近づき合う2人。やがて、2人の秘部は重なり合い、2人は腰を乱暴に振り始めた。

「ひぃ!!ああん!……早く、逝け変態会長ゥ!!」

「んぁ!ひぃあん!……お前が、先に行け不良女番長!!」

涙目になりながら2人は相手が逃げられないように相手の手を掴み、腰に脚を回して逃げられないように密着した。2人の胸はぶつかりあい、先端同士がこすれあい2人はさらに感じあう。それでも声に出さないよう相手を先に逝かす為、2人は腰を振り続けた。

「あ!はぅ!早く、お願い!逝けってば……!!」

「んぁああ!もう、やだ!駄目!!早く逝って!!」

2人の重なり合う秘部からグチャグチャと擦れ合う音が響く。
そこから液が飛んだりと2人はもはや限界だったが、まだ、まだと呟きながら腰を振るった。そしてとうとう我慢しきれなくなった2人は顔を近づかせ合わせ、濃厚なデープキスをし始めた。

「んちゅ!んむ!ちゅぱ!あん!ひぃぃ……早く逝ってぇえぇぇぇ!!」

「ちゅぱ!んちゅ!うん!んぁ……ああ、もう駄目ぇぇぇ!!!」

とうとう2人は限界を超え、ビクンと腰を振るわせた。
重なり合った秘部から液が飛び出し、どろっとした液がベッドの上に垂れる。

「はぁ……はぁ……また、引き分けか」

「だな……まだやる?」

「……もう、勘弁」

「ハハハ、体力、無いな」

息を整えながら2人は勝負に区切りを着ける事にした。
そしてマキとレイカはやがて相手を愛しそうな目で見ながら顔を近づかせ、キスをし始めた。自然と手も相手の逝ったばかりの秘部へと伸びていき、2人は勝負関係なしの第3ラウンドを始めた。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

初めまして。
読ましていただきましたが、すごくいいです(^^)
終わり方も面白い終わり方でした。
応援しますので新しい作品を頑張ってください。

Re: ありがとうございます 

感想有難うございます。
初めての作品で少し緊張して上手く書けたが不安でしたが、楽しめて
もらえたようで嬉しいです。
次回も頑張ります。

No title 

はじめまして、さくらです。
最近ブログを始められたそうで、それを偶然にも早々に見つけました。僕のブログの方にリンクしてくださっていたようで・・・ありがとうございました。
こちらからもリンクさせていただきました。よろしくお願いします。

僕もレズバトルは書くのですが、白金さんが今回書かれたようなキャラはあんまり書いてないので、こういうのもいいなぁと思いました!あえて決着をつけないのも含みがあっていいですね。これからの関係など、想像が膨らみます。

次回の作品も読ませていただきたいと思います。夜遅くにぶっ通しで書かれたようですので、体調に気をつけてこれからも頑張って下さい。作品を作るのは、案外疲れますからね

それでは

Re: ありがとうございます 

おお、さくらさん初めまして。
私もさくらさんの作品はいつも読ませてもらってます。
読んでもらえて嬉しいです。

体調管理も気をつけます。

さくらさんの作品も楽しみにしてます!

トラックバック

http://hakukinn.blog.fc2.com/tb.php/4-9d890806