FC2ブログ

「アリサVSシエル」 難易度2



「アリサVSシエル」二話 となります。

今回は胸勝負です。ちょっと短めかな?


今回は一度決着がつき、次回で本番という流れです。
ゴッドイーターは好きな作品ですので、出来る限り頑張りたいと思います。









向かい合って睨み合っているシエルとアリサは同時に相手に近づき、腰に手を回した。
抱き合うような形になってお互いのバストを押し付け合い、自分の胸を主張するようにぶつけ合う。布越しに胸が触れ合うと、二人は吐息を漏らした。


「んんぁ、この……私のおっぱいの方が絶対に強いです」

「負けません……んぅ、貴方なんかには絶対に」


感じている事を相手に悟られないよう、二人は必死に唇を噛み締めた。
アリサは思った以上のシエルの胸の圧迫感に手こずり、シエルは豊満な胸に押しつぶされそうになっていた。
実力は五分五分。二人はこの勝負が長くなるだろうと本能的に感じ取っていた。


「ほら、私のおっぱいが貴方のおっぱいを包み込んでますよ……」

「な、何言ってるんですか……私の方が、勝ってますッ……」


むにゅむにゅと胸がぶつかり合い、お互いに主張し合う事によって形を変えて行く。
なんとか相手を潰そうとアリサは足を前に出し、体全体の体重を押し付けるようにシエルに詰め寄った。だがシエルも同じように体重を掛け、それを迎え撃った。
再び二人の胸が密着し合い、さらにぶつかり合った。


「んっ……あ!」

「ひゃっ!?……ん、んぅ」


突然二人は素っ頓狂な声を上げた。
あまりにも密着し合ってしまった為、お互いの胸が強くぶつかり、乳首同士が触れ合ってしまったのだ。
今まで感じた事の無い感覚に二人は驚いてしまい、なんとかその快楽に耐えようとする。だが体は正直で、二人の乳首はまるで求め合うかのように尖っていった。


「ちょっ……貴方の乳首、尖ってるじゃないですか!? 感じちゃってるんですか?……変態ですね!!」

「な、何言ってるんですか! アリサさんだって、こんなに尖らせて……そんなに私の胸が気持ちよかったんですか!?」

「そんな訳ないでしょう! ドン引きです!!」


顔を赤くさせながら二人は感じてしまった事を誤摩化すようにさらに密着し合った。
夢中で自分の胸を相手の胸に押し付け合い、自分から乳首を相手に突きつける。二人の乳首がぶつかり合い、ますます尖り始めた。

ここでアリサは形勢を変える為、あえて自分の姿勢を低くしてシエルのバランスを崩させた。
突然自分を支えていた物が無くなり、シエルは無様にも地面に倒れてしまった。そこにすかさずアリサが伸し掛り、押し付けるように自分の胸をぶつけた。


「あ、ちょっと! 上に乗るなんて卑怯ですよ!?」

「そんなの弱者の言い訳ですね。勝負は常に必死なんですよ?」

「ず、ずるい……ッ!」


シエルは悔しそうに歯をくいしばるが、アリサは容赦しない。
上から伸し掛るように自分の胸をシエルの胸の押しつけ、体重分のパワーを与える事によって自分に有利な状況を作り上げた。
当然、シエルがこんな状況で勝てるはずもなく、アリサの豊満な胸を真正面から喰らう羽目となった。


「んぁ、卑怯者ッ……ひぁ! ち、乳首が当たる……んッ!」

「ほらほらどうしたんですか?さっきまでの威勢は?このままじゃ私の勝ちですよ〜?」


体重分の力が伸し掛る事によってシエルは余計に感じてしまい、反撃に出る事が出来なかった。その様子を見てアリサは勝ち誇ったように微笑む。
更にアリサは胸に力を入れ、シエルに強く押し付ける。シエルは顔を赤くさせてなんとか抵抗しようと体を起こすが、体重分の差がある為、アリサを倒す事は出来なかった
一見これで勝負は終わりに見えたが、シエルの勝負はこんな所では終わらなかった。


「貴方には……絶対に負けません!!」

「ーーへッ?そ、そんな! この態勢でっ……!?」


シエルは自信の足をアリサの腕に引っ掛ける事により、アリサを地面に倒して自分もそのまま起き上がった。
そんな荒技にアリサは反応出来ず、形勢は一気に逆転する事となった。
そのままアリサの上に乗ったシエルは先程のアリサと同じように自分の胸を相手に押しつけ、体重を掛けて相手に密着した。


「これで、形勢は逆転ですよ……言っておきますけど、私は優しくありませんから」

「ひゃん! ……ん、これくらいで勝った気に……んぁ!?」

「今何か言いましたか?もうちょっと大きな声で言ってください」


意地悪そうな顔をしてシエルはアリサの胸に強く自分の胸を押し付けた。
お互いの乳首が触れ合い、潰すようにぶつかり合う。当然上に乗っているからと言ってもダメージはある訳で、シエルからもアリサからも二人から吐息を漏れた。


(こ、このままだとシエルさんに負けちゃう……)

(押し切れない……やっぱりアリサさんは強い)


形勢を逆転された事によって焦るアリサ。自分に有利になったというのに攻めきれなくて戸惑うシエル。
二人はそれぞれの理由で苛立ちを覚え始めた。


「んっ……この、早く負けを認めてください」

「そっちが先に……負けを認めてください……あん」


このままではジリ貧だと感じた二人は相手に早く降参するよう言った。だが二人共プライドが高い為、中々勝負を譲ろうとしない。
そうしている間にも二人の胸はぶつかり合っていた。
布越しと言えどずっと密着し合っていた為、汗で服が濡れ始め……二人はほぼ直に胸が触れ合っていた。


「んぁ! は、早く! これ以上はもう限界……んぁ! あん!」

「ひゃん! 胸だけでイっちゃ……あん! さっさと降参してくださいッ!!」


いよいよ二人は顔を真っ赤にさせ、苦しそうな表情をし始めた。
体を起き上がらせると二人は向かった状態で胸を押し付け合い、額も合わせてお互い至近距離で睨み合いながら密着し合った。


「早く、アリサさん! お願い! もう駄目ッ……あ! 嫌、こんな所でッ……!!」

「んぁぁぁ! イっちゃう! シエルさん早く負けを認めてぇぇ!!」


これ以上は限界だと悟った二人はお互いにキスする事によって声を殺した。
相手の口の中で悲鳴を上げ、二人は体を振るわせて密着し合う。


「「んんんんっ!!……んん、んぅ……んっ」


絶頂した二人はちゅぱっと口を離すと、お互いに黙って見つめ合った。
恋敵とキスしてしまった後悔と、嫌いな相手の前でイってしまった屈辱によって二人の心境はめちゃくちゃになっていた。ひとまず、二人は火照った体を冷ます為に猛烈にキスし合った。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

いいっすね~。たまらんですわ

トラックバック

http://hakukinn.blog.fc2.com/tb.php/54-a29c5d58