FC2ブログ

「アリサVSシエル」 難易度5



「アリサVSシエル」 最終話 です。


今回でようやく決着です。

次回はリクエストにあった「カノンVSシエル」をやりたいと思います。
何気にカノンは自分が一番好きなキャラなので頑張りたいです。

これからも宜しくお願いします。











「ほら……シエルさんのあそこ……こんなに濡れてるじゃないですか」

「んぁ! そ、そんな所……触らないでください」


イカせ合いを始めた二人でまず攻撃を開始したのはアリサだった。
シエルの秘所に手を伸ばし、優しく撫で始める。既にシエルの秘所は甘い液でドロドロに濡れており、感じている事を現していた。
それが分かるとアリサはニヤリと微笑み、怪しい表情を浮かべた。


「やっぱりシエルさんは変態ですね。ちょっと乳首を擦り合わせただけでこんなに感じちゃって」

「んぁぁ、んっ……やめ……て」

「ほら、ちょっと撫でただけでこんなイヤらしい音を立ててますよ?」


アリサが少し撫でると、シエルの秘所からはぐちゃぐちゃと擦れる音が聞こえて来た。
必死にシエルはアリサの攻撃に抵抗するが、腕が邪魔な為、その抵抗は無駄だった。それを良い事にアリサは攻撃を続けた。


「あん! んぅ……んんんっ!」

「まるで洪水ですね。流石変態シエルさん」


脚をくねらせながらシエルは声を漏らした。
このままでは限界に達してしまう。そう思ったシエルはなんとかこの拘束から逃れる為に大胆な行動に出た。


「そっちこそ……あまり調子に乗らないでください!!」

「んぁっ!?」


シエルは体を起こすと布越しにアリサの秘所に手を伸ばし、そこを抓るように擦った。
当然いきなりそんな事をされたアリサは変な声を出してしまい、攻撃の手を緩めてしまった。その隙にシエルはさらに攻撃を仕掛けた。


「アリサさんだって、こんなに濡れてるじゃないですか……人の事言えませんね」

「ち、違います! ……こ、これは……んぁっ! あっ!」


薬の効果もある為、快感は通常の何倍もあった。
逆転されたアリサは必死に抵抗するが、先程のシエルと同じように掴まれている為、脱出する事は出来なかった。


「ほらほら、さっきまでの威勢はどうしたんですか?アリサさん?」

「くっ……ん!……良い気に……なって……んぁ!!」


わざとアリサの名前をゆっくりと呼びながらシエルは勝ち誇った顔をした。
布越しアリサの秘所を擦り、ぐちゃぐちゃと愛液が漏れた。既に二人のパンツはびっしょりと濡れており、ある程度一定の感度を味わっている事が分かった。


「こんなに濡らしちゃって……そんなに気持ち良いんですか?」

「ちがっ……んっ! ……そんな訳っ……あん!!」

「口ではそう言っても体は正直ですね」


否定しようにも体は素直に感じてしまい、アリサは盛大に体をくの字にさせた。
このままでは負けてしまう。そう危機を感じたアリサはなんとかこの状況を変えなくてはと考え、行動に出る事にした。


「このっ……少し有利になったからって、良い気にならないでください!」

「ちょ! 大人しく……してくださいっ!」


無理矢理体を起こそうとしてアリサは抱きつくようにシエルに伸し掛った。
そのまま二人は柔道のような態勢になり、盛大に床に倒れ込んだ。ーーそして気がつく。自分達がとんでもない態勢になっている事に。


「な……こ、この態勢は!?」

「やっ……汚いお尻をこっちにむけないでください!」


その態勢はまさにシックスナインだった。
アリサがシエルに秘所を見せる格好になり、シエルがアリサに秘所を見せているという、お互いが反対になった態勢だった。
こんな恥ずかしい格好、今すぐ二人はやめたい気分だった。だが女性としてのプライドからか、二人は中々離れようとはしなかった。


「こんなにあそこを濡らして……そんなに私の指が気持ちよかったんですか?」

「それはこっちの台詞です。アリサさんだってこんなに愛液が垂れて……」

「ッ……そんなに見ないでください!」

「そっちだって、顔が近いです……!!」


恥ずかしさからか感じてしまっているからか、二人は顔を赤くさせていた。
そして今自分の目の前にある相手の秘所からたくさん漏れている愛液を見て、二人の気分はおかしくなり始めた。そしておもむろに相手のパンツを少し脱がせ、秘所に顔を近づけると、二人は同時に舐め始めた。


「んふっ!!」

「んぅ!?」


舐めたと同時に二人は変な声を出してしまい、相手が自分と同じ事をしていると猛烈に相手の秘所を舐め始めた。
相手をより感じさせる為、そして声を漏らさない為、二人は猛烈な勢いで舐め続けた。


「なにをして……ん! ……あそこを舐めないでください! 変態!!」

「あん! ……そっちだって、してるじゃないですか! そんなに私のを舐めたかったんですか……!?」

「そんな訳っ……んぅ! んっ! ……無いに決まってるでしょう!! そっとこそ私のを舐めたかったんじゃないんですか!!」

「んっ! んんぅ……ありえま……せんっ!!」


これ以上変な事を言わせない為に、二人は相手の口に自ら秘所を押し付けた。当然そんな事をすればより攻撃は鋭くなる為、二人は自ら快感を味わう事となった。


「ふぐ! んぅ! んんん! ……い、息が」

「んぁ! んんっ! ……く、苦しいぃ……」


このまま窒息させるという手もあったが、二人が行っているのはあくまでもイカせ合い、二人は限界を感じると同時に秘所を舐めるのをやめ、ゆっくりと離れ合った。
二人の口には相手の愛液が付いており、それが怪しく光っていた。


「はぁ……はぁ……くっ……」

「うぅ……はぁ……はぁ……」


仰向けになって床に倒れながら二人は相手をキッと睨んだ。
あと一歩という所で相手を負かす事が出来ない。先日も引き分けになって終わってしまったし、今もまた引き分けで終わりそうになった。
その中々勝敗が決まらない事に二人は苛立ちを感じ始めた。


「しぶとい人ですね。さっさと負けを認めてくださいよ」

「そっちが負けてくれれば、楽になれるんですけどね……」


このままではらちが空かない。そう思ったアリサは一つの提案を出す事にした。


「このままじゃ勝負は付かなそうですね……服でも脱ぎますか?」

「そうですね……その方が明確にも勝敗も尽きそうです」


アリサの提案に乗り、シエルは服を脱ぎ始めた。それに続いてアリサもさっさと服を脱いだ。
下着が外され、二人の豊満な胸が露と鳴った。パンツも脱いでいるので、二人の秘所から大量の愛液が垂れている事がよく分かった。


(シエルさん……スタイル良い)

(やっぱりアリサさんの胸は大きい……羨ましい)


服を脱ぐ事によって相手の体の形がよく分かった。
二人は闘争心よりも相手を羨ましく思うようになった。だが、これは好きな人を賭けた戦い。その事を思い出すと二人は再び火花を散らした。


「どうしたんですか?呆けてないでいきますよ!?」

「わ、分かってます。さっさと掛かって来てください!」


そう言って二人は正気を取り戻し、相手に突進するように掴み合った。
ベッドの上に倒れ込むように乗り、お互いの胸を揉み回す。そして一旦離れると二人は呼吸を整えながら睨み合った。


「貴方のアソコを二度と使えないようにグチャグチャにしてあげます!」

「アリサさんが私に敵う訳ないでしょう! 逆に倒して上げます!!」


二人は膝建ち状態でベッドの上で抱き合い、相手の秘所を弄り始めた。
グチャグチャと音を立てて二人の秘所からは愛液が漏れ、シーツを汚した。


「ん! こんなに感じて……やっぱり変態ですね!!」

「そっちだって……乳首まで尖らせてるじゃないですか、やっぱり変態はアリサさんですね!」

「それはシエルさんでしょう! こんな胸を擦り付けて来る癖に……!!」


お互いに胸を押し付け合い、二人は尖った乳首をぶつけ合わせた。
額同士をくっ付け、近距離で二人は睨み合った。薬に効果もあって快感は大きく、二人の頬は赤く染まっていた。


「このぉ! こんなに濡らしてるくせに……早くイっちゃってください!!」

「そっちが……んああぁぁ! 先にイってください!!」


体を密着させながら二人は相手の肩に顎を当て、唇を噛み締めた。
肌で相手の体温を感じ、お互いにもう限界が近い事が分かっていた。それでも二人は攻撃をやめない。自分が勝つ為に。


「んんん! もう駄目……あっ! んっ!」

「んぁあ! いや……イキたくないっ……あん!」


二人の秘所からは既に大量の愛液が垂れており、二人の指はふやけていた。
もうこれ以上我慢する事は出来ない。そう思った二人は体を密着させ、強く抱き合うと同時に体を振るわせた。


「「んああああああぁぁぁぁぁぁ……ぁ……!!」」


盛大に愛液を吹き、二人は同時にイった。
ばたりとベッドに仰向けに倒れ、二人は肩を振るわせながら呼吸を整えた。


「はぁ……はぁ……また、引き分けだなんて」

「はぁ……はぁ……ドン引き、です……」


またもや同時という事実に二人は唇を噛み締めた。
薬の効果が薄れて来たのか、それとも同時にイったからか、二人の体の火照りは収まって来ていた。それでも勝負はまだ終わっていないため、二人の闘争心が燃え尽きる事は無かった。

このまま引き分けが続けば二人はずっといがみ合う事になる。それは二人にとって毎日鎖に縛られ続けるのと同じだった。
だからこそ、今ここで相手を倒さなくてはならない。その強い思いから二人は起き上がり、自然と脚を開いて近づき合っていた。


「いい加減……決着を付けましょう」

「ええ、私もそう思っていたところです……」


そして二人は相手に秘所を見せつけ合い、重なり合わせた。
ぐちゃり、という音と同時に二人は腰を振り始め、秘所同士を絡み合わせた。
相手の胸に手を置き、撫で回し、より相手を感じさせようと二人はイカせ合った


「んっ! んっ! ……シエルさんのあそこに、凄い熱いですよ!!」

「あん! そっちだって、こんなに濡れてます! ……んあああっ!!」


体を起こし、二人はもう片方の手を相手の背中に回して抱き合い、より密着し合いながら腰を振り続けた。
漏れている愛液で既にグチャグチャになっている秘所同士を擦り合い、突起したクリトリスを絡み合わせた。その今までに感じた事のない快感に二人は唇を噛み締めた。


「この! 早くイってください……変態なんだから!!」

「変態は、そっちでしょう……んあぁ!!」


罵倒し合いながら二人はイカせ合いを続けた。
グチャグチャと二人の秘所からイヤらしい音が響き、二人は顔を赤くさせた。


「んっ! くぅ! ……予想以上に、キツい……んぁあ!」

「はぁ! はぁ! 駄目、もう……うぅ、限界ッ……!!」


既に絶頂してしまった為、二人はすぐに限界を悟った。
顔を赤く染め、抱き合いながら二人は胸同士を重なり合わせた。突起した乳首同士がぶつかり合い、より二人に刺激を与えた。


「あん! あん! ……シ、シエルさん……」

「んっ! んっ! ……アリサさん……」


二人はおもむろに顔を上げて見つめ合うとお互いの名前を呼んだ。
恋敵であり、好きな人を賭けて勝負をしていると言うのに、二人は奇妙な気持ちに駆られていた。そして二人は額を合わせると強く唇を噛んだ。


「「んぁああああああッ……あっ……あぁぁ!」」


またもや同時にイってしまい、二人は横に倒れ込んだ。
今度は相手の顔が目の前にあり、二人は荒い息をしながらぼーっと見つめ合った。


「……キス勝負でも、しますか?」

「……そうですね」


アリサがそう提案すると、シエルもそれに乗った。
二人は目を瞑るとゆっくりと顔を近づけ、静かに唇を合わせた。
最初の時のような荒々しいキスではなく、とても静かでまるで恋人同士のようなキスだった。


「んっ……んぅぅぅ……ちゅぷ」

「んふ……んぁ……んっ、んんん」


舌同士を絡み合わせ、二人は濃厚なディープキスをした。
慰め合うようなそのキスに二人は僅かに恥ずかしさを感じた。


「んちゅ、れろ……ん、甘い……」

「ちゅぱっ……アリサさん……」


そして二人はキスを続け、心配してブラッド隊長が部屋に来るまでずっと絡み合っていた。
こうして二人の戦いは幕を閉じたが、これで二人のいがみ合いが終わった訳では無かった。その次の日も、二人は誰にも見つからない場所でイカせ合いを続けていた。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

No title 

ゴッドイーターをプレイしていたからか物凄く良かったです
彼女たちらしさもしっかり出ていたため読みやすく、綺麗でした
オラクル細胞の暴走でふたなりだったら……と妄想しましたが途端にこの綺麗さが失われるんだろうなと何か一人納得しました

Re: 

感想有り難う御座います。
やはりゴッドイーターは良いですね。(レイジバーストは買ってませんが……)

ふたなりも好きなジャンルではあるのですが、好みが別れますからね。
いずれ何かのジャンルでやる場合もあるかも知れません。

トラックバック

http://hakukinn.blog.fc2.com/tb.php/57-fa7d2f17