FC2ブログ

闘騎士の性闘⑤


闘騎士の性闘⑤です。

今回はちょっと長めかな。
この調子で続けられるよう頑張ります。多分後一、二話で終わると思うので、何卒宜しくお願いします。










ーミカ視点ー


私の褐色の肌と、アリアの真っ白な肌が重なり合う。
芳醇に実った果実の先にある桃色の突起物が触れ合い、ビクっと肩を振るわせる。相手に感じている事を悟られないよう、必死に唇を噛み締めながら私は指を動かした。

アリアの秘所を指を弄り、愛撫を続ける。
既に感じているのか、アリアの秘所は甘い匂いを漂わせる蜜で濡れていた。突っ込むように指を入れこむと、それが急所のようでアリアは可愛らしい声を上げた。


「ん、ぁッ……!」

「どうやら此処が弱いみたいだな」


指摘するとアリアは悔しそうに私の事を睨んで来た。その子供みたいな反応をつい可愛く思ってしまい、意地悪をするように私は更に激しく指を動かせる。
アリアも私の秘所を攻めて来るが、私の攻めに耐えられないようで愛撫に集中出来ていなかった。

この隙を突いて一気に私は責め立てる。
指の本数を二本に増やし、ぷちゅぷちゅと音を立てている秘所に出し入れする。その旅にアリアは涙目を浮かべながら喘ぎ声を上げた。


「はぁ、んっ……ちょ、調子に乗らないで……!」

「んっ……ふん、その程度じゃ私は負けないぞ」


体を起こし、抱きつく様に私に密着して来ながらアリアは私の秘所に指を突っ込んだ。ぶちゅりと蜜が飛ぶ音が聞こえ、私は思わず声を漏らしてしまう。
だがまだそれでも耐えられる範囲で、攻防は私の方が有利だった。


「どうした?このままイって良いんだぞ」

「あっ、駄目……ん、んや……んぁあ……!! ぜ、絶対嫌……!」


体を密着させてくるアリアに対抗するように私は胸を押し付ける。豊満な乳房同士は重なると同時にお互いの大きさを主張し、円を描くように歪んだ。

上半身を蛇のようにくねらせながら私は指を動かし、更に攻め立てる。アリアはもう限界のようで、頬から涙を流し、自分の指を噛んで必死に声を押し殺していた。
だがその抵抗ももう時間の問題のようで、私はとどめと言わんばかりにより一層早く愛撫をした。


「あっ、駄目……んぁ! イキたく……なっ、んぁ、あああぁアアアアアアアア!!?」


とうとう限界に達したアリアは私に抱きついて絶頂した。
肩を忙しなく振るわせ、秘所からは甘い蜜が滝のように吹き出す。その様子を優越感のような物を感じながら私は眺め、勝利の余韻に浸った。


「フ……まずは私の一勝だな」

「はぁ……はぁ……な、何よ。まだ勝負は始まったばかりよ。こっからが本番なんだから」


私の首に手を回し、何とか態勢を支えているアリアは悔しそうに私の事を睨みつけながらそう言って来る。
もちろん私もこれで勝ったつもりは無い。今回の勝負はどちからが力つきるまでの精力勝負。このくらいで終わる訳が無い。終わって良い訳が無い。


「次は、私の番よ……!」


覆い被さるようにアリアが近づいて来る。目の前には綺麗な容姿をしたアリアの顔がある。すると、彼女はゆっくりと口を開き、私の唇にそれを押し付けて来た。




ーアリア視点ー


「んちゅ、ちゅっ……んぅ、れろ……ぷは」

「んっ、ちゅ……ちゅぱ、んぅ……んっ……あ」


押し付けた唇で乱暴に私はミカと接吻をする。
飲み込むように、決して愛のあるキスでは無く、相手を圧倒する為の物。舌を絡み合わせれば、相手の舌を縛り上げようと言わんばかりに巻き付け、搾り取る。

お互いの口の中で溜まった唾液を飲み、ようやく口内での舌戦が終わると私達は唇をゆっくりと離す。大分長い間キスをしていたようで、私達の頬はほんのりと赤くなっていた。
ふとミカと視線が合ってしまい、私は自分から仕掛けた事でありながら恥ずかしさを感じてしまう。


「ほら、私のキスであんたのアソコ、凄い濡れてるわよ?」

「ッ……違う。これはさっきので……」


ミカの秘所に手を伸ばすと、彼女の秘所からはたくさんの愛液が漏れていた。先程の相互愛撫での分もあるだろうが、確実のキスでも感じていた。
私はその手応えを感じながら彼女を無理矢理机の上に座らせ、脚を開かせた。


「んちゅッ…………」


股を開かせた状態で私はミカの秘所を舐める。舌を伸ばし、彼女の物を舌で転がすように舐める。するとそれが効いたようで、彼女はやり場の無い感覚に悲鳴に近い喘ぎ声を上げていた。

私が脚を固定しているから逃げる事も出来ず、まるで訴えるかのように私の頭を掴んで来る。けれど決して止めさせようとはせず、むしろ私の後頭部を掴んで自ら秘所に押し付けて来た。


「ちゅっ、れろ……フフ、凄い蜜ね。こんな洪水だなんて、恥ずかしくないの?」

「んっ……ぁ、はぁ……はぁ……ば、馬鹿を言うな。私が感じてる訳無いだろう……」


私が指摘すると、彼女はそれを必死に否定した。だがミカの表情は瞳はとろんととろけ、口は情けなく開いていた。普段はクールな表情の彼女も、こういう時は顔に出てしまうようだ。

そんな分かり易いミカを面白く思いながら私は更に舌で秘所を弄る。突っ込むように舌を入れたり、舐めるように動かしたりと、その度にミカは顔を左右に振ったり、苦しそうに歯を食いしばったりしていた。


「はぁ……はぁ……よせ、く、来る……んぁッ、あッ、アッ……!」


いよいよ限界が近くなって来たらしく、彼女は焦点の合わない瞳で悲鳴を上げた。それでも私は止めず、暴れる彼女の手足を掴み、更に秘所に舌を突っ込んだ。
彼女の中で舌を動かし、かき混ぜるように弄る。そしてミカがビクッと肩を振るわせた瞬間、その時が来た。


「んぁ、あッ……アアア、アアアアアアアア……!!!」


大きな喘ぎ声を上げ、ミカは盛大に絶頂した。
秘所から噴水のように愛液が溢れ、それが私の顔に掛かる。溢れんばかりの蜜を流した後、ミカは机の上に倒れて荒くなった息を整えていた。
私も顔に掛かった愛液を拭くが、口の中にも入ってしまった。でも、決して嫌な気持ちにはならなかった。


「はぁ……はぁ……これで、引き分け、か……」

「そうね……そろそろお互い本気でいこっか……」


呼吸を整え終わったミカがそう言って来たので、私もニヤリと笑いながら答えた。
準備運動は終わり。お互いにそろそろ本気を出しても良いだろう。ミカもそのつもりだったらしく、鋭い瞳を光らせ、火花を散らした。


「私が勝ったらあんたを鎖に括り付けて、一生私の玩具にしてあげるわ」

「どうかな。私が勝ったら、お前をあの椅子に縛り付けて腰が立たない体にしてやろう」


挑発しながら私はジリジリと体を近づけ合わせる。
きっとこの勝負でどちらかが負ければこの部屋の玩具で弄ばれるのだろう。その事を私もミカも十分承知しており、だからこそ負けたくなかった。


「最後に言っておくわ。私はあんたの事が……」

「最後だから言っておこう。私はお前の事が……」

「「大っ嫌いだ!!!」」


そう叫んだ瞬間、私達はお互いにぶつかり合った。お互いの胸をぶつけ、部屋の中には盛大に音が鳴り響いた。そうして私達が抱き合った瞬間、別の音が部屋に響いた。
ガチャリ、と何かが閉まるような音。それを聞いた瞬間、私とミカは同時に動きを止めた。


「「…………え?」」


何が起きたのかが分からず、思わず私達は勝負の事を忘れてしまう。
何となく嫌な予感がし、私達はおもむろに離れると勝負を一時中断した。まさかと思って私は駆け出し、部屋の扉に手を掛ける。だが、その扉はピクリとも動かなかった。


「……え、嘘……扉が……」

「閉まった……のか?」


ミカも本当に開かないのかと確認する為に出来る限り開けようとしたが、やはり扉は開かなかった。扉の鍵などある訳が無い。此処は拷問部屋。入った者に絶望を与える部屋。
私達は暗い部屋の中に取り残された。

スポンサーサイト
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://hakukinn.blog.fc2.com/tb.php/89-b211820c